アボカドの鉢植え

画像

約1年くらい、たちました
食べたあとのアボカドの種を、よく洗って鉢に植えました
自分の経験から、いくつかポイントを…
・種はよーく洗う
種を取り出したときの、まわりのぬめっとしたものを、よーく洗い落します
果肉には「発芽抑制物質」が含まれています
種の周りについているぬめりも、発芽抑制に働きます
よーく洗って落とさないと、発芽しにくくなります
・乾燥させてしまうと、発芽しにくい
種をよーく洗ったあと、明日植えよう、なんて感じで放置して乾燥させてしまうと、発芽しにくくなります。種は洗ったらすぐに植えましょう
・よくある「水耕栽培」は、ずぼらな自分ではうまくいかなかった
ヒヤシンスの水耕栽培みたいな感じで、よくネットでみかけるのは、つまようじを刺して安定させて、というやり方
が、これの最大のポイントは
「毎日きれいな水に交換する」
ということ。水が悪くなると、種も傷んでしまって結局腐らせてしまいます
また、カビがはえやすくなります
几帳面な人ならともかく、ついうっかり忘れそうな人は、洗ったらそのまますぐ土に植えることをお勧めします
ただし、土に植える場合もひとつ条件があります
・乾燥させないよう、水やりは毎日
乾燥してしまうと、やはり発芽しなかったり、時間がかかったりします
芽が出るまでは、季節にもよりますが約ひと月かかります
土を乾燥させないよう、注意して毎日せっせと水やりが大切です
・ちなみに…
調べたところによると、結実させるのはなかなか難しいようです
まず、雄花と雌花が違うタイミングで咲くとのこと
雄花が咲いた時点で花芽をとり、冷蔵保存などでキープし、雌花が咲いたら人工授粉させる、という流れらしいです
それに、
結実させるには数年かかるとのこと…
少なくとも、花を咲かせてみたいので、それまで大切に育てたいものです






ベランダガーデニングベストガイド
グラフィック社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック